あらかじめ握り潰しておきました。環境を考えるグラス

あらかじめ握り潰しておきました。環境を考えるグラス



オランダ人陶芸アーティスト、ロブ・ブラントデザインの傑作、クラッシュドグラスです。
えっ?!ナニコレ念力?ま~たうちにユリ・ゲラー来ちゃったよ~的な面白グラスかと思いきや、使い捨てプラカップを握り潰したようなこの形には実は環境問題や消費社会へのメッセージが込められているというとても崇高なグラス。
素材もリサイクルガラスが使われていてメッセージ性を強めています。
そうは言っても外に出ればどうしてもプラカップや紙コップのお世話になってしまいますよね。
せめてうちでは自戒を込めてこの崇高なグラスを使ってみませんか?
日本人には色も形も何となくラムネ瓶を思わせる懐かしさや親しみ易さも感じられます。

買うベア!

crushed-glass2

画像ソース:brihammond.com