気象と結晶の神秘な関係。航海士から託された謎

気象と結晶の神秘な関係。航海士から託された謎



19世紀の航海士達が船上で気象予測に使用していたストームグラスが雫の形の美しいオブジェになりました。それがこちらのテンポドロップ。
ガラスの中で創られる結晶が毎日の温度、湿度、気象の変化によって様々に形を変えて、見る者を神秘的な姿で魅了します。
現代では結晶と気象変化の関係は謎とされ科学的に解明されていない状態ですが、晴れの日には澄んだ液体に、雨の前には星のような結晶に、嵐の前には大きな葉状の結晶に、そんな姿が目撃されています。
だけど、結晶を見続けなくても今は天気予報を見ればいいんじゃないの?なんて言葉は禁句です。
この商品の魅力はそんなところにはないのですから。

買うベア!

ストームグラス

画像ソース:cosha.jp